2020/09/12(土)に、バシャールの新しいイベントが開催されます。
バシャールの公式ページに、最新イベントの概要について書かれていました(英語)。
タイトルは「恐れと力の関係」です。

https://www.crowdcast.io/e/fear-and-power/register

否定的な信念体系は、私たちの生活に影響を与えます。 しかし、私たちはネガティブな信念を短絡させ、そのエネルギーをよりポジティブな方向に送る方法を学ぶことができます。 私たちを不幸にしているアイデアを発見したら、ネガティブなパターンを断ち切り、そのエネルギーを制限ではなく、エンパワーメントを生み出すために使うことができます。 私たちは、私たちの選択した方向に進み続けることができる新しい意識の習慣を構築しながら、出てくる恐れを短絡させることを学ぶことができます。 私たちのネガティビティは、私たちのバイブレーションを上げるためにそれを使うことを選べば、重荷ではなく創造的なエネルギーの源泉になることができます。 このセッションでは、バシャールは恐怖の背後にある信念を調べ、そのエネルギーを私たちが最も好む方向にリダイレクトするために必要なツールを私たちに与えてくれます。 そうすれば、恐れから解放されたエネルギーは、喜び、自由、自己啓発となり、私たちが自分自身に与えることのできる贈り物となります。

(DeepL翻訳を元にイベント概要の和訳を作成)

ネガティブな信念は、英語では「Negative belief systems」と言うのですね。

認知行動療法でいうところの「認知のゆがみ」、スキーマ療法でいうところの「早期不適応的スキーマ」、野口嘉則さんがいうところの「ネガティブなパターン=心のブレーキ」は、バシャールが言っている「ネガティブな信念」と同じ意味だと思います。

私たちは、誰もが「ネガティブな信念」を多かれ少なかれ心に抱えながら、この現実世界を生きています。そして、この「ネガティブな信念」があることで、様々な場面で「生きづらさ」を感じてしまうんだと思います。

ただ、バシャールは、自分が「ネガティブな信念」を持っている、ということに気づくだけで、もうその信念を捨て去ることができる、と伝えています。

古くて自分の波動に合わないネガティブな信念を捨て去って、(電球を取り替えるように)新しいポジティブな信念を採用することで、より波動の高い世界にシフトすることができ、その結果として、自分の周りの世界が変わってくるのだと思います。

この「ネガティブな信念」を捨て去る方法や考え方、というのは、私が一番気になっていて、何度でも聞いて参考にしたい内容になるので、今からこのイベントが開催されるのを心待ちにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です