2005年(今から15年前!!)に発売された、坂本政道さんの「超意識 あなたの願いを叶える力」。Googleブックスのレビューでは、このように書かれています。

願望実現には思いの力、努力、超意識の助け、生命エネルギーの活用が必要。「超意識」とは、自分を超え、宇宙とつながっている存在のこと。無欲、無心になるとひらめきの力が増し、超意識を活用できるようになる。この無心という意識状態を音響効果を用いて実現することに成功したアメリカの研究を元に、願いを叶える極意を解明する。

願望の実現には自分を超えて宇宙とつながる存在となる、という壮大すぎる話に衝撃を受けたことと、特殊な音響技術(ヘミシンク)を活用することで、その意識状態(修行僧が何十年も修行を積んで到達できる悟りの状態)に簡単になることができる、というのが私的に非常に心に引っかかったのでした。

当時は「スピリチュアル」という言葉も感覚も全く持ってはいませんでしたが、いつの間にか、ヘミシンクという不思議な言葉をきっかけに、私は坂本政道さんの本をはじめとする精神世界の本を読み漁り、この世ではない「あの世の世界」に興味を持つことになっていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です