ライフ・ボイジャー(Life Voyager)人生の旅人

私たちが生きているこの人生を「旅」になぞらえると、私たちは「人生」という名の世界の「旅人」だ、と言えるのかと思います。

この人生の旅では、大きく分けて2つの旅路があるのではないか、と考えています。

1つ目の旅路は、「innervoyage (内面世界への旅路)」です。

内面世界への旅路は「自己受容の旅」と言えるのではないかと思います。

自分が自分自身のことを心の底から受け容れることで、「生きづらさ」を手放すことができます。それが「自己受容」です。

2つ目の旅路は、「outervoyage(外面世界への旅路)」です。

外面世界への旅路は「自己実現の旅」と言えるのではないかと思います。

自分がしたいと思うことを思う存分楽しみながら実現することができ、「自分らしさ」を発揮することができる。そのような状態が「自己実現」です。

カール・ユングは「人生の正午」と言っていましたが、人生の午前にあたる期間が「自己受容の旅」、そして人生の午後にあたる期間が「自己実現の旅」と言えるのではないかと考えています。

newme バシャール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です