2020年を振り返ってみると、「自分の内側の世界に深く潜っていく」一年だったように思います。

自分の内側の世界、自分の無意識の領域に潜り込んでみると、そこにはもう一人の自分(シャドウ、インナーチャイルド)がいました。

・シャドー(影の自分、普段は抑えこんでいる自分)→「もっと自分を大事にしたい。自分がしたいと思うことを、他人の目を気にせずにもっと表現したい」と思っている

・ペルソナ(仮面の自分、周りの人に見せる自分)→「自分のことよりも、まずは相手のことを考えるようにしよう。自己犠牲の精神こそが美しいんだ」と思っている

「シャドウは統合することで癒される」「感情は感じた分だけ解放される」ということですが、

私はまだ、自分のシャドウと向き合えずにいます。

あいまるさんの遠隔ヒーリングによると、私の心の中には、幼い頃の私がいて、

私の父が早くに亡くなってしまったことに対して、「どうして死んでしまったんだ!」という強烈な怒りの感情を持っていた、ということ。

そんな幼い自分と向き合って、その時の感情を受け入れて、自分の中に統合していく。

それができれば、自分らしさを探す旅路も新しいステージに進めるような気がしているのですが、

そんな強い感情を持った自分に会いに行く、話しかけに行くのを、怖いと感じてしまっている自分がいます。

インナーチャイルドの気持ちを受け入れて、一つの大きな自分になりたいと思っているのですが、それがなかなか難しい…でも、もっと仲良くなりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です