”恐れ”の上に成り立つ社会でずっと生活してきた私達にとって、深層心理にまで掘り下げて”恐れ”や”恐怖”に触れたりする機会はあまりありません。しかし、バシャールは今こそ貴方の”恐れ”詰まりは貴方の深層心理に残る”信念”を分析する必要があると話します。

2015年以降には負の地球行きと正の地球行きの列車の両方が出発します。そのどれかに乗るかは”今”の貴方がどれだけ”恐れ”や”恐怖”を一掃出来るかにかかると言っても過言では無いのです。恐れを手放す事が出来なかった人達はこれからもっと手放す事が難しくなってゆくであろうと、バシャールは話します。逆に、恐れを一掃する手順を心得て実行している人は、どんどん波動が上昇し、シフトへの階段をスピーディーに駆け上る事が出来るのです。

貴方が一番恐れている事が目の前で起こる事を想像して下さい。そして貴方が”恐れ”ている物又は出来事を冷静に分析して見て下さいと、バシャールは話します。そうする事で貴方の恐れの”核”の部分を発見する事が出来るようになるのだと、バシャールは話しています。貴方の持つ”恐れ”の多くは殆どの場合、この”核”の部分と連結している事が理解出来ます。例えば、貴方の恐れの”核”の部分が”孤独になる事”だと発見したとします。すると、貴方の持つ全ての”恐れ”はこの”孤独になる事”から遠のく為の抵抗である事が理解出来るようになるのです。

”恐れ”は私達が作り出している人工的なエネルギーなのです。バシャールは”恐れ”を恐れるなかれと話すのは、実際に”恐れ”は存在していないからなのだと、バシャールは話しているのです。

2013/11/15 「バシャール:恐れの扱い方」より引用

https://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11693562112.html

私たちが普段の生活の中でふと感じる「恐れ」や「不安」は、その深層心理にある「ネガティブな信念(ネガティブビリーフシステム)」が元になってそのような感情が起こっている。

なので、ネガティブな信念を新しいポジティブな信念に入れ替えることが大事だ、ということなんですね。

逆に言えば、「恐れ」や「不安」を感じている時は、「ネガティブな信念」に気づくチャンスでもある、ということなんでしょうね。

「恐れ」や「不安」を感じている時は、ネガティブな感情に心が支配されていて、なかなか客観的に自分の深層心理を見つめるのが難しいようにも思いますが、そういうネガティビティな時だからこそ、自分自身を高い視点(ハイヤーセルフの視点)から俯瞰することを心がけて、ネガティブな感情から脱却することが必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です