develop the ability of childrenは「こどもの能力を開発する」という意味なんだそうですが、through games and play「ゲームと遊びによって」こどもの能力が開花していくのであれば、最高ですよね?

うちの小3の息子は学校から帰ってくるとすぐにiPadでゲームをしたりYouTubeを見たりしています。「ゲームは宿題を終わらせてからにしなさい!!」と言うと、しぶしぶ(半泣きになって)宿題をして、それからゲームをしていました。でも最近では、ゲームをしたいがために帰宅直後に宿題をさっさと終わらせて、夕食までゲーム三昧という生活をしています。逞しいです(笑)。

しかも、ここ最近ではゲームの様子をリアルタイムでライブ配信して、オンラインでつながったこどもたちと一緒にゲームをするようになりました。息子はゲームのホスト役(遊び場の提供者)となって、入ってきてくれたこども達が楽しめるように、いろいろと考えながらゲームをするようになりました。ゲームをしながら自分の音声を入れて実況中継したり、やられた時は派手に悔しがってみせたり。だんだんYouTuberらしくなってきました(笑)。

これが相乗効果のように、勉強にもいい影響が及ぶといいなぁ…と思っていますが、ゲームと勉強の間の橋はなかなか距離がありそうです。その橋の長さを短くするのが親の頭の使いどころと思って、なんとかポジティブに勉強もがんばるようにもっていきたいと考えています。

newme バシャール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です