今回、あいまるさんには、インナーチャイルドを癒す方法をはじめとして、体調のことやいろんなことについてメッセージやアドバイスをいただいたのですが、その中でも一番びっくりしたのが、私の過去生についてでした。

なんと、他の星の転生もいくつかある中で、今回の人生に関係あるものとしては、ゼータレクチル星人としての過去生がある、ということなんです!!

リラ星系の中で、ベガの次に文明の歴史が長いゼータ·レチクル星人の起源は、琴座のアペックスという星です。この星は、光と闇の統合を目指した初めての星ですが、両極対立が激化し、終いには核戦争を起こしてしまいます。惑星は彼らの住める環境ではなくなり、地下に避難して暮らすようになります。ゼータ·レチクル星人は地底での生活を送るうちに、自分たちの進化のため「感情」を退化させ、あらゆる「欲」も退化しました。「感情」があるから統合ができなかったと考えたからです。自然な出産による誕生が出来なくなり、新たな命を生み出す方法としてクローン技術が開発されていきます。クローン技術によって生み出された彼らは、遺伝子の同じ個体です。その結果、彼らの身体には生殖器官や消化器官がなく、身体は小柄で頭が大きな、いわゆるグレイタイプのクローンの宇宙人が生まれてきました。

https://note.com/futagonotamashii/n/nfafec152032e

あいまるさんが感じられたイメージでは、私はゼータレチクル星人の中でも最もポジティブなグループの一員でもあり、地球人に生まれ変わり、人類の一員として生活し、地球の変革の時に来ているようである、とのことでした。

また、地球人とゼータレチクル星人とのハイブリッド種族には、バシャールがいて、私はバシャールと縁があるようです、とのことでした。

バシャールが地球人とゼータレクチル星人とのハイブリッドであるとは知っていましたが、まさか自分がゼータレクチル星人の過去世を持っていたとは!!これには、とてもびっくりしました。

バシャールのメッセージにとても心が惹かれるのも、過去世でバシャールと近い存在だった、ということがあるのかもしれません。

そして、いま思うと、確かにそうかも!と思うことがあります。

最近ではあまり思うことはないのですが、昔はよく「なんで自分は、こんなにも、いろんなことが他人事のように感じるんだろう。自分事としてとらえることができずに、まるで他人事のように思えてしまうのは、何でなんだろう?」とよく考えていました。

きっと、ゼータレクチル星人の時に、感情をなくすことを体験したから、今回はこの地球で、様々な感情を味わって体験してみよう!と思ったのかもしれません。

そう考えると、私がこの世界で、様々な喜怒哀楽の感情を体験するのも、少しだけわかるような気がします。この世界で生きている身としては、けっこうヘビーですが(笑)。

今回は、あいまるさんから、たくさんのメッセージやアドバイスをいただきました。

遠隔ヒーリングというものを受けたのは初めてだったのですが、今回の体験は、自分の人生の中でも、大きな転機、きっかけになるんじゃないだろうか、と思っています。

もうすぐ風の時代ということで、この世界も大きく変わろうとしている中で、小さい頃の自分や、父親、ハイヤーセルフともこれからコミュニケーションを取っていって、人生の中で、喜び、楽しさを十分に味わうことを、自分に許してあげたいと思えるようになりました!!

あいまるさん、ありがとうございます!とても感謝しております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です